子育ては家庭の中だけではないのでは?

よく「子育ては家庭から」と言われることに一理あるけれど、実際にはどうだろうか?と考えてしまいます。

特に平日、子どもが起きている時間で何時間家庭で過ごすかと考えれば、学校で過ごす時間というのは大き
なウェイトを占めるのではないでしょうか?
学校での集団生活での影響は本当に大きいなと、年齢を重ねる
ごとに感じるだけでなく、担任との接し方でも本当に変わってくるように感じます。

今まで、「褒めて育てる」タイプの担任が続いた息子が、
正直、人間性的にどうか?と思うような今年の担任にあたってしまい、
年齢的なことを差し置いてもイライラするようになったのは残念に感じます。


というのも、非常に乱雑な授業展開に呆れるばかり。
ノートチェックもテストの採点も中途半端なのに驚いているのに、
子どものいいところを発見するのではなく、粗探しをしているような状況らしく、子供から話を聞く限り残念なことばかり。

いいところ、いいことをひとつも聞かない、こんなにダメな子、悪い子であることを聞かされる個人面談は初めてで呆れてしまいました。

そんなに毎日が続いてしまったら、疲れてしまうのではないかと心配になります。

子育ては家庭と学校、地域と一緒になって育てるものではないかと。

学校でそんなに悪い子、ダメな子と毎日言われてしまっては、洗脳されてしまいそうで怖いです。