iラインの脱毛、どこまで処理すればいいものか

見た目の問題はもちろんですが、自己処理の難しいもみあげやデリケートゾーンの臭いやかぶれ防止のためにムダ毛処理を徹底する女性が増えています。女性の場合、人気のもみあげ脱毛サロンで処理をしてうなじが整うと、美人度は更にアップしますし、デリケートゾーンは生理中の経血やおりものによって肌トラブルが起きやすくなりますし、何よりムダ毛を処理することで見た目も印象も格段に良くなります。

デリケートゾーンのムダ毛は大きく分けて3つです。まず肛門周りのoライン、ビキニライン周辺のvライン、そしてその間のiラインです。vラインはまだ自分で処理することもできますが、oとiラインに関しては脱毛自体が難しく素人であればケガのリスクが高まります。

そこでおすすめなのが脱毛サロンでのiライン脱毛です。デリケートゾーンのムダ毛はどこまで処理するべきなのか、サロンであればプロの意見を聞きながら毛の量を調節することが出来ます。また、処理が難しく肌が敏感な部位だからこそ、専用の脱毛マシンを使うことで肌荒れややけどの不安も解消されます。
自分では確認できない部分だからこそ、実際の施術画像などを参考にどこまでムダ毛を処理するのか確認しながら作業を進めていきます。

ムダ毛の処理は一度ではなく、何度か施術を繰り返すことで効果を発揮していきます。デリケートゾーンの施術に関してもそれは同様で、敏感な部位だからこそより丁寧に施術が行われることになります。温泉やプールなど予定が決まっている場合にはできるだけ早めに施術の予約を入れていくようにしましょう。こうした施術は毛周期に合わせて数週間おきに行われます。イベントの予定と被らないように、サロンスタッフに相談を持ち掛けておくのも時にはおすすめです。